タグ別アーカイブ: topnews

「北欧家具とあかり展」終了しました。

こんにちは山下です。

お陰様でご好評頂き、北欧家具のご契約も多数頂くことができました。そしてご来場された方々も、洗練された見事なデザインに魅了された方も多くいらしたと思われます。

イベント終了に伴い、先日お借りしていた北欧家具の搬出をしていまいました。

やはり、、、、寂しいですね。

今回のイベントでは照明の演出などもご指導頂き、心地よい空間の演出を目指しました。このイベントでしか味わえない特別な時間を感じながらスタッフ一同楽しむことができました。

また来年も是非開催したいですね。

 

今回のイベントに多数ご協力頂きました、メーカー各社様も誠にありがとうございました。

 

 

インスタグラム→「アートの世界」

「ヒュッゲ」って何?北欧から学ぶ暮らしの豊かさ

こんにちは山下です。

ただいま「北欧家具とあかり展」開催中。

今日は魅力溢れる北欧の暮らしについて軽くお話しします。

北欧いわゆるスカンジナビアは北に位置しているため、冬期は日照時間が短いのです。朝は8時~9時ぐらいまではまだ薄暗く、陽が昇っても15時過ぎには暗くなっていくると言われます。

暗い時間が長いと人間もネガティブな志向に陥りやすく、精神的にも良くないそうです。(夏が解放的になりやすくなるのはそのせいなのかな?)

 

そのため北欧の暮らしに欠かせないのがHYGGE(ヒュッゲ)という文化です。様々な意味が含みますが、良い雰囲気ということです。

どういうことかと言いますと、家の中で暖炉やキャンドルの火を眺めながら、お客や家族、友人とおしゃべりしたり、ケーキを食べたりコーヒーやお酒を飲んだり、本を読んだりとくつろぐ時間のことを言います。

日本よりも労働時間は短く、残業するという概念があまりないので毎日の暮らしにプレッシャーが少ないのです。

なのでたっぷりとくつろぐ時間があり、

このヒュッゲの時間が北欧の暮らしに欠かせないのです。

そのため家ではお気に入りの椅子やソファに座り、照明なども温かみのある光で演出しています。インテリアを重んじる文化がみえてきますね。

 

そんなヒュッゲが体感できる

「北欧家具とあかり展」

 

北欧のあかりと家具で演出された空間はやすらぎを与えてくれます。是非一度この機会に足を運んでみてはいかがですか?

「北欧家具とあかり展」~12月3日まで開催中

 

 

インスタグラム→「アートの世界」

トークショー開催しました。

こんにちは山下です。

「北欧家具とあかり展」初日は特別イベントで幕開けです。

 

スカンジナビアンリビング代表 羽柴健氏 をお招きして日本と北欧の暮らしの違いについての講演をして頂きました。

羽柴さんは日本とデンマークのハーフですが、ほぼデンマーク人と言っても疑わないくらい、とてもフランクな方です。

 

前半はセッション形式でARTREE店長と羽柴さんで対談して頂きました。

北欧の暮らし方について対談しています。

というか、ベアチェアがよく似合ってますね。

 

後半はハンス.J.ウェグナーの家具について語って頂きました。

ウェグナーについては教科書や雑誌などでしか我々は知ることができませんが、羽柴さんは実際にウェグナーと出会っていて、人柄や家具への想いを聞ける貴重な機会になりました。

椅子の座り方について説明している様子。(脚長っ!!)

 

そんなこんなで講演会終了後は羽柴さんとスタッフで打ち上げ。

デンマークのお話しおもしろいですねー。

富山のぶりしゃぶも気に入って頂きました。熱燗片手に富山の味を堪能。んー生粋の日本人みたい。どうやら白子は羽柴さんの大のお気に入りみたいです。

 

そして初日の講演会は無事終了です。ほんとに素晴らしかった。

羽柴さんをはじめ講演会に参加してくださった方々、誠にありがとうございました。

引き続き「北欧家具とあかり展」は12月3日まで開催しておりますので、是非お楽しみ下さい。

 

インスタグラム→「アートの世界」